購読中のApple MusicをMP3に変換する方法

Appleが提供する定額制の音楽配信サービスであるApple Musicは、2017年9月28日、既に3000万の購読者が超えます。iPhone 8、8 Plus、iPhone Xは大人気の日本では、Apple Musicも大人気があるようです。ただし、一部のApple Music購読者は、どうすればApple MusicをMP3に変換できるのを知恵袋などのサイトで質問しています。

ご存知の通り、Apple Musicの楽曲をダウンロードして、オフライン再生が可能です。また、PC、Mac、Android、iOSなどに対応です。特にApple MusicをMP3に変換する必要がないみたいです。しかし、Apple MusicをMP3、M4Aに変換する必要のある場合も多いです。例を挙げて説明します。

  • Apple Music退会後、ダウンロードした曲を続いて聞きたい
  • 購読中でも、iPod Nano、iPod Shuffle、単なるMP3プレーヤーで聞きたい
  • あるApple Musicの曲をDVD作成にバックグラウンド音楽として使いたい
  • 使用中の携帯電話はiOSとAndroidのスマートフォンではない
  • LinuxのOSを使用中
  • Apple MusicをCDに書き込みたい

そういえば、Apple MusicをMP3、M4Aに変換する必要は確かにあります。しかし、こうしてダウンロードされた楽曲データはM4P形式で、DRM(デジタル著作権管理)が付与されて、認証されない環境での再生は制限される仕様になっています。この問題を解決するには、TuneMobie Apple Music ConverterというApple Music DRM解除ソフトを利用して、Apple Musicの曲の情報を保持したまま、無制限のMP3、M4Aに変換できるソフトをお勧めします。

TuneMobie Apple Music ConverterはWindows版とMac版もあり、最新のWindows 10とmacOS High Sierraに対応です。最新版のiTunesにも対応です。使い方も極めて簡単です。では早速、Apple Music変換ソフトの使い方を紹介します。

永久ライセンス|原価:5580円|値引き価格:4580円

ステップ1:ソフトを起動

TuneMobie Apple Music Converterを起動すると、iTunesも自動的に起動されます。うまくApple MusicをMP3、M4Aに変換するには、iTunesでの操作はやめたほうがいいです。
TuneMobie Apple Music Converter

ステップ2:Apple Musicを追加

ソフトは自動的にiTunesライブラリを読み込みます。Apple Musicの曲はミュージックプレイリストまたは別々のApple Musicプレイリストにあります。チェックボックスをチェックして、曲を選択できます。プレイリスト全体を選択するには、情報バーでのチェックボックスをチェックしてください。
なお、内蔵の検索ボックスで変換したいApple Musicの曲を素早く探し出せます。

ステップ3:出力形式を選択

出力形式リストからMP3を選択します。Apple Musicの曲は256kbpsの音質ですから、ロスレスで音質を保持するために、プロファイルでは320kbpsを選択したほうがいいです。もちろん、ニーズに応じて、ビットレートを設定して、音質を調節できます。
Apple MusicをMP3に変換

ステップ4:変換を開始

変換ボタンをクリックすると、Apple MusicからMP3への変換が始まります。変換が終わったら、「出力先を開く」をクリックして、出力のMP3を見つけます。

上記の簡単な操作で、Apple MusicをMP3、M4Aに変換できます。全てのApple Musicを購読している方にお勧めします。

TuneMobie Softwareについて
TuneMobie SoftwareはプロのDRM解除ソフト会社であり、Apple Music DRM解除ソフトのApple Music ConverterとiTunesムービー・テレビ番組のDRM解除ソフトのM4V Converter Plusをリリースしました。詳しい情報は日本語公式サイト https://www.tunemobie.net をご覧ください。

One thought to “購読中のApple MusicをMP3に変換する方法”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です