購読中のApple MusicをMP3に変換する方法

Appleが提供する定額制の音楽配信サービスであるApple Musicは、2016年9月現在、米国のThe Vergeの報告によって、既に1700万の購読者が超えます。iPhone 7が捌けている日本では、Apple Musicも大人気があるようです。ただし、一部のApple Music購読者は、どうすればApple MusicをMP3に変換できるのを知恵袋などのサイトで質問しています。

ご存知の通り、Apple Musicの楽曲をダウンロードして、オフライン再生が可能です。また、PC、Mac、Android、iOSなどに対応です。Apple MusicをMP3に変換する必要もないらしいです。例を挙げて、Apple MusicをMP3、M4Aに変換する必要のある場合を説明します。

  • Apple Music退会後、ダウンロードした曲を続いて聞きたい
  • 購読中でも、単なるMP3プレーヤーで聞きたい
  • あるApple Musicの曲をDVD作成にバックグラウンド音楽として使いたい
  • 使用中の携帯電話はiOSとAndroidのスマートフォンではない
  • LinuxのOSを使用中
  • Apple MusicをCDに書き込みたい

そういえば、Apple MusicをMP3、M4Aに変換する必要は確かにあります。しかし、こうしてダウンロードされた楽曲データはM4P形式で、DRM(デジタル著作権管理)が付与されて、認証されない環境での再生は制限される仕様になっています。この問題を解決するには、iTunes DRM Audio ConverterというApple MusicのDRMを解除できて、Apple Musicを無制限のMP3、M4Aに変換できるソフトは登場しました。
Apple Music MP3変換ソフト

iTunes DRM Audio ConverterはWindows版とMac版もあり、最新のWindows 10とmacos Sierraに対応です。最新版のiTunesにも対応です。使い方も極めて簡単です。では早速、iTunes DRM Audio Converterの使い方を紹介します。

永久ライセンス|原価:6000円|値引き価格:5000円

ステップ1:ソフトを起動

iTunes DRM Audio Converterを起動すると、iTunesも自動的に起動されます。うまくApple MusicをMP3、M4Aに変換するには、iTunesでの操作はやめたほうがいいです。また、パソコンでApple IDをサインインする必要があります。

ステップ2:Apple Musicを追加

「ここをクリックしてファイルを追加」或いは左上の「+」ボタンをクリックして、iTunesライブラリを読み込みます。iTunesライブラリに追加した曲(MP3、M4A、WAVなど)、ダウンロードしたApple Musicの曲(M4P)とダウンロードしたApple Musicプレイリストなどを変換できます。iTunesライブラリから曲を選択する時、曲の検索も可能です。Ctrl、Shiftなどを利用して、複数の曲を選択できます。Ctrl + Aで全部を選択できます。
変換したいApple Musicの曲を選択

ステップ3:出力形式を選択

曲を選択してから、右上の設定ボタンをクリックして、出力形式を選択できます。このApple Music変換ソフトはMP3、M4A、M4BとWAVなどの出力形式に対応です。ニーズによって、音質と変換スピードを選定できます。また、出力先もここで設定できます。「出力フォルダを整理」をチェックすると、出力ファイルは「アーテスト\アルバム\ファイル名.mp3」のように保存されます。チェックしない場合は、変換の日付は出力フォルダになります。
Apple Music変換の設定

ステップ4:変換を開始

下の「変換」をボタンをクリックすると、Apple MusicはMP3、M4A或いは選択した形式への変換は始まります。変換履歴の一覧も可能です。
Apple MusicをMP3に変換中

上記の簡単な操作で、Apple MusicをMP3、M4Aに変換できます。全てのApple Musicを購読している方にお勧めします。

One thought to “購読中のApple MusicをMP3に変換する方法”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です