動画やDVDをiPhone 7 MP4動画に変換する方法

最近、iPhone 7の話題は回っています。発売日の9月16日から、一部の手の早いユーザーは既にiPhone 7或いはiPhone 7 Plusを楽しんで使用中です。iPhone 7、7 Plusで動画を見るのはその楽しさの一つです。だだし、どうすればパソコンでの動画をiPhone 7で再生できるのを悩んでいる人もいます。解決するには、iPhone 7動画変換を行うことです。

Aiseesoft動画変換究極という動画変換はお勧めです。使いやすいインターフェース、GPU加速とマルチコアで全開の変換スピード、複雑な設定なしですぐにiPhone 7向けのMP4動画に変換できます。特に、このiPhone 7動画変換ソフトならではの画質強化機能で、たとえ画質の悪い動画でも、画質を大幅に向上して、iPhone 7、7 Plusで綺麗に見えます。

では、Aiseesoft動画変換究極によって、様々な動画形式やDVDをiPhone 7 MP4動画に変換する手順を紹介します。ちなみに、Mac版は既に最新のmacOS Sierraに対応です。

iPhone 7動画変換ソフト

永久ライセンス|価格:7280円|割引:40%|値引き価格:4368円

動画変換究極 Windows版

動画変換究極 Mac版

 

ステップ1:動画やDVDの追加

ツールバーで「ディスクをロードする」をクリックして、自作またの市販のDVDムービーを読み込めます。或いは「ファイルを追加」をクリックして、変換したい動画を追加します。フォルダの追加も可能で、一気に複数の動画を追加できます。
iPhone 7で見たい動画を追加

ステップ2:出力動画形式を選択

iPhone 7、7 Plusで再生可能の動画形式はiPhone 6S、6S Plusと完全に同じです。ですが、プロファイールでiPhone 6S Plus/6S H.264 HDビデオ(*.mp4)を選択すればいいです。既に最適化したものですので、別に設定する必要がありません。
iPhone 7 MP4動画を選択

ステップ3:動画の編集

動画の編集によって、動画のカット、動画の回転、3D動画への変換、クロップ、効果の調節、ウォーターマークの追加など色々な機能を実現できます。編集の必要のない場合は、動画編集をスキップしてもいいです。
iPhone7動画変換前の編集

ステップ4:画質の強化

もし入力動画の画質はあまりいいではない場合は、画質の強化機能によって、出力動画の画質を強化できて、iPhone 7と7 Plusで綺麗に見えます。画質の強化は、高解像度化、輝度やコントラストの改善、ビデオのノイズの除去、ビデオの手ぶれの減らしなどによって実現できます。これはこのiPhone 7動画変換ソフトならではの機能です。入力動画の画質はいいである場合は、特に強化する必要もありません。
出力画質の強化

ステップ5:iPhone 7動画変換を開始

編集や強化の作業が終わりましたら、ソフトの右下で、「変換」ボタンをクリックすれば、iPhone 7動画変換は始まります。

ステップ6:出力動画をiPhone 7に転送

後、iTunesを起動して、出力動画をiTunesライブラリに追加して、iPhone 7或いは7 Plusに同期すればいいです。iTunesの代わりに、PCやiPhone 7の間に動画や音楽の相互転送が可能である「Fonetrans(現在25% OFF!)」もあります。

Aiseesoft動画変換究極は動画変換、DVD変換、動画編集と動画ダウンロードを統合しています。今40%の割引で購入できます。iPhone 7動画変換には最適で、お見逃ししないで!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です