Apple Music DRM解除と変換ソフトの対決:TuneMobie Apple Music Converter VS NoteBurner iTunes DRM Audio Converter

日本でApple Musicも大人気があります。980円の月額で、四千万超えの曲が聴き放題が可能です。ただし、全てのデバイスで聞けるわけではありません。DRM保護があるため、iPod Nano、iPod Shuffle、ウォークマン、PSPとMP3プレーヤーなどでは楽しめません。従って、Apple Music DRM解除ソフトも必要になります。今Apple MusicからDRM保護を解除して、汎用のMP3、M4Aに変換できるソフトウェアも幾つかがあります。その中で、TuneMobie Apple Music ConverterとNoteBurner iTunes DRM Audio Converterの両者の性能が抜群で、Apple Musicの購読者から広く認められています。

この記事ではTuneMobie Apple Music ConverterとNoteBurner iTunes DRM Audio Converterを徹底的に比較します。Apple MusicからDRMを解除して他のデバイスで曲を聴きたい方に役に立てば、幸いです。
Apple Music DRM解除

TuneMobie Apple Music Converterの開発元はTuneMobie Softwareで、日本語公式サイトは https://www.tunemobie.net です。Windows版とMac版もあります。無料体験版では曲ごとに三分しか変換できません。

TuneMobie Apple Music Converterのインターフェースは以下です。
Apple Music Converterのインターフェース

NoteBurner iTunes DRM Audio Converterの開発元は NoteBurner Incで、日本語公式サイトは http://www.noteburner.jp です。同じでWindows版もMac版もあります。無料体験版でも曲ごとに三分まで変換できます。

NoteBurner iTunes DRM Audio Converterのインターフェースは以下です。
NoteBurner iTunes DRM Audio Converter

ここではこの二つのApple Music DRM解除ソフトの対応可能の入力形式、出力形式、機能、変換スピードと価格などから比較します。

1. 対応可能の入力形式

TuneMobie Apple Music Converterが対応する入力形式

  • ダウンロードしたApple Musicの曲(*.m4p)
  • ダウンロードしていなくてiTunesライブラリにあるApple Music
  • iTunesストアで購入したM4Aの曲(*.m4a)
  • DRM保護されたAAC/M4Pファイル(*.m4p)
  • DRM保護されていないM4Bオーディオブック(*.m4b)
  • DRM保護されたiTunes M4Bオーディオブック(*.m4b)
  • Audibleオーディオブック(*.aa、*.aax)
  • Apple Lossless(*.m4a)
  • ほかのiTunesが対応する音声形式:MP3、AAC(M4A)、WAV、AIFF
  • iTunesムービー、テレビ番組、ミュージックビデオ(*.m4v)
  • iTunesが対応する動画形式(*.mp4、*.m4v、*.mov)

NoteBurner iTunes DRM Audio Converterが対応する入力形式

  • ダウンロードしたApple Musicの曲(*.m4p)
  • iTunesストアで購入したM4Aの曲(*.m4a)
  • DRM保護されたAAC/M4Pファイル(*.m4p)
  • DRM保護されていないM4Bオーディオブック(*.m4b)
  • DRM保護されたiTunes M4Bオーディオブック(*.m4b)
  • Audibleオーディオブック(*.aa、*.aax)
  • Apple Lossless(*.m4a)
  • ほかのiTunesが対応する音声形式:MP3、AAC(M4A)、WAV、AIFF

上のリストから見ると、いずれもダウンロードしたApple Musicの曲、M4B/AA/AAXオーディオブックからDRMを解除できます。またiTunesライブラリにある他の形式の音楽の変換も対応です。

ただし、NoteBurner iTunes DRM Audio Converter と比べれば、TuneMobie Apple Music Converterが対応可能の形式が多いです。TuneMobie Apple Music ConverterはiTunesストアで購入したDRM付きのM4V動画とiTunesライブラリに追加したホームから音声を抽出できます。

特に指摘すべきのはTuneMobie Apple Music Converterはダウンロードしていなくて、iTunesライブラリに追加したApple Musicの曲も直接に変換できることです。この機能によって、好きなApple Musicの曲、プレイリストとアルバムをiTunesライブラリに追加することだけで変換可能で、わざわざとダウンロードする必要もなくて、NoteBurner iTunes DRM Audio Converterより遥かに便利です。もちろん、オンラインから曲の変換には安定なインターネット接続が必要です。

2. 対応可能の出力形式と出力設定

この二つのApple Music DRM解除ソフトが対応する出力形式は以下です。

  • TuneMobie:MP3、M4A、AC3、M4R(Mac版だけ)、AU、AIFF、FLAC、MKA
  • NoteBurner:MP3、M4A、WAV、FLAC

対応する出力形式から見ると、MP3、M4A、FLACなど三つの最も人気のある音声形式はこの二つのApple Music DRM解除ソフトも対応しています。M4RはiPhone着メロの形式です。Apple MusicをM4Rに変換すると、個性のiPhone着メロを使えます。もしAC3、AU、AIFF、MKAなどの音声形式が必要である場合は、TuneMobieの唯一の選択です。NoteBurnerはWAV出力形式に対応していますが、殆どの状況でFLACが代替として試用してもいいです。

出力の設定について、TuneMobieは低音質、一般音質と高音質などのプリセットを用意しています。また、ビットレート、サンプルレートとチャンネルなどの設定が可能です。
TuneMobie Apple Music Converterの出力形式と出力設定

NoteBurnerは出力品質(ビットレート)だけを調整できます。サンプルレートとチャンネルなどは一切設定できません。
NoteBurner iTunes DRM Audio Converterの出力形式と出力設定

3. 音楽の情報(ID3タグ)の保持、編集と利用

曲名、アーティスト、アルバム、作成年、アートワークなどの曲の情報はID3タグと呼ばれています。Apple MusicからDRMを解除して、MP3、M4Aなどに変換するとき、出力の曲でID3タグを保持できるのは大切です。ID3タグを保持したいと、音楽の整理も難しくなって、音楽の聴き体験もめちゃくちゃになってしまいます。幸いなことに、TuneMobieもNoteBurnerもApple MusicのID3タグをまるごと保持できます。

NoteBurnerはID3タグに対して、他の機能を持っていません。TuneMobieの方はID3タグを活用できます。TuneMobieは曲のID3タグを編集したり、ID3タグを出力ファイルの名前に利用したりすることが可能です。Apple Musicの曲のID3タグを特に編集する必要がありませんが、他のサイトとサービスからダウンロードした曲をiTunesライブラリに追加して、ID3タグが間違ったり、失ったりする時、ID3タグの編集機能が役に立てます。
Apple Musicメタデータ編集

出力ファイルの名前に対して、NoteBurnerは何も出来ません。元のApple Musicの曲名をそのままで利用します。例えば、テイラー・スウィフトのアルバム「1989 (Deluxe Edition)」にある“06 Shake It Off.m4p”という曲をMP3に変換したら、出力MP3は“06 Shake It Off.mp3”となっています。曲の名前を“Taylor Swift – Shake It Off.mp3”に変更するには、手動で操作する必要があります。

TuneMobieなら、Apple MusicからDRMを解除して変換する前に、曲名、アルバム、アーティスト、トラック番号とディスク番号などのID3情報を出力ファイルの名前に利用することを設定できます。出力のファイルの名前を{album}\{artist} – {title}に設定したら、出力の曲は”Taylor Swift – Shake It Off.mp3″となって、「1989 (Deluxe Edition)」というフォルダに保存されます。
Apple Music Converter の環境設定

4. オーディオブックのチャプターを保持

オーディオブックなら、TuneMobieもNoteburnerもiTunes M4BオーディオブックとAudible AA/AAXオーディオブックからDRMを解除して、MP3、M4Aなどに変換できます。一般的に言えば、オーディオブックはよく数時間の長さがあって、素早く指定の時点に飛べるため、チャプターが用意されています。TuneMobieはオーディオブックをM4Aに変換した後、出力のM4Aでチャプターを保持できますが、NoteBurnerはこの機能を持っていません。

5. 変換スピード

TuneMobie Apple Music Converterは最大16倍速でApple Musicを一括で変換できます。また、必要に応じて、原速から16倍速まで自由に変換スピードを調整できます。NoteBurner iTunes DRM Audio Converterは20倍速の変換スピードを宣伝していますが、設定で変換スピードの項目がありません。

Apple Musicの曲を320kbpsのMP3に変換したら、必要の時間は以下のようです。

NoteBurnerで実際に変換したら、合計20分5秒の五つの曲は151秒が必要です。合計61分12秒の十六の曲は5分10秒が必要です。これで計算すると倍速は10 – 12倍です。20倍速は大げさに過ぎません。

TuneMobieなら、5曲は80秒で変換できて、16曲は241秒で変換できます。これで計算すると倍速は15 – 16倍です。設定項目に一致しています。

6. 価格

TuneMobie Apple Music Converterは年間ライセンス、永久ライセンスとホームライセンスを提供しています。年間ライセンスはPC一台で利用可能、一年無料アップデートが可能です。年間ライセンスは自動的に更新されますが、いつでも手動で自動更新をキャンセルすることができます。永久ライセンスはPC一台で利用可能、生涯無料アップデートが可能です。ホームライセンスはPC五台で利用可能、生涯無料アップデートが可能です。

年間ライセンス:2280円 | 永久ライセンス:4580円 | ホームライセンス:8980円

Apple Music Converter(Windows版)を購入

Apple Music Converter(Mac版)を購入

NoteBurner iTunes DRM Audio Converterは永久ライセンスだけを提供しています。価格は5000円です。PC一台で利用可能、生涯無料アップデートが可能です。

Apple Music DRM解除ソフトの対決の結果

NoteBurner iTunes DRM Audio ConverterとTuneMobie Apple Music Converter両者も良いApple Music DRM解除ソフトですが、対応する入力形式、対応する出力形式と出力設定、Apple MusicのID3タグの利用、オーディオブックのチャプターの保持、変換スピードと価格などから比較すると、TuneMobie Apple Music Converterは6:0の圧倒的な勝利で、NoteBurner iTunes DRM Audio Converterを打ち負かしました。

つまり、TuneMobie Apple Music Converterは最も優秀なApple Music DRM解除とApple Music変換ソフトと言えます。Apple MusicをMP3、M4Aに変換して、iPod Nano/Shuffle、ウォークマンで聞きたい方はお見逃ししないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です