DVDとBlu-ray(BD)の違いは?徹底的に解説!

DVD映画ディスクDVDという記録媒体は、正式商用化された1996年から、もう二十年以上たちました。最近、ブルーレイディスク(BD)もはやっています。同じく記録媒体として、ムービー、アニメ、ライブ…様々なビデオが保存できます。しかし、DVDといい、BDといい、外見はほぼ同じく、見分けが少々難しいかもしれません。果たしてDVDとBD(ブルーレイディスク)の違いはなんですか。本文は、DVDとBD(ブルーレイディスク)の違いと見分け方と、ディスクの保管に関する豆知識について紹介します。また、DVD/BDのバックアップに最適なソフト – DVDFab社の製品も紹介します。

目次


BD(ブルーレイディスク)はなんですか

DVDとBD
DVDについて、皆さんはすでに知っていましたので、ここは略します。BDは、DVDの後継となるよう開発された光ディスクを指す規格の名称です。DVDの上級版とも見られます。DVDより、データ保存量が約五倍以上なので、より多くのデータが書き込めます。転送速度も、DVDの1.4MB/sから、4.5MB/sへ進化されました。もしDVDを馬車のように見たら、BDはまさに自動車の速さで、そのスピードが驚くほど上がったとのことです。高音質、生々しい画質が求められているこの時代に、DVDが少々時代遅れと言われます。それでは、その具体的違いを説明します。

見分け
DVD/BDの見分け
ディスクの裏側(読み取り面)を上に、日差しまたは電灯の明かりの下で見ると、DVDが反射されたのが金色で、BDは紫色近くのブルーです。DVDとBDのサイズはお同じなので、通常、パッケージに「DVD-R」「BD-R」みたいに、ディスクの種類が明記されています。これで、簡単に見分けができますので心配する必要はないと思います。

データ量による再生品質の違い

通常のDVDその最大容量は片面二層で8.5GBですが、BDなら、片面二層で50GBに飛躍的に進化されました。記録用できる領域が多くなったため、高画質、高音質でのムービー再生も可能です。DVDの映像の画素数は35万画素(解像度は720×480)ですが、ブルーレイディスクは207万画素(解像度は1920×1080)のため、約6倍も違うのでBlu-rayの画質は鮮明でクリアです。
DVD/BD 画質の違い

さらに、最近Ultra HD Blu-ray(略称はUHD BDまたは4K UHD)というBlu-ray Discの後継となる光ディスク規格も盛り上がっていて、最大解像度はBDより約4倍の2160p – 3840×2160なので、恐ろしい解像度です。その音質も、まるで自分が現場にいるかのように、臨場感満点です。

価格

BDはDVDの上級品として、その価格も、DVDより高いです。アマゾンに検索してみると:
DVD/BD 価格

同じく宮崎駿監督の作品『天空の城ラピュタ』として、DVDの価格は2590円で、BDの価格は値引きされても5995円が必要です。今や映画やドラマ、音楽など多くの作品が「DVDとBlu-rayの同時発売」です。DVDの方が安いですが、そのクオリティが相対的に低いです。逆に、BDの方は高いですが、その画質、音質もDVDよりリッチです。

UHD BD価格

UHD BDも販売されている場合なら、価格と品質も高い一方です。迫力のあるムービーを鑑賞するには、UHD>BD>DVDという順番から選んだほうがいいです。

再生レコーダーの違い

BDの再生は、BDレコーダーがなければ、再生できません。今パソコンに付けられたレコーダーはほとんどDVDレコーダーなので、BDの読み込みが不可能です。逆に、ほとんどのBDレコーダーなら、DVDの再生も対応しています。4K UHDも、4K UHDレコーダーがなければ、読み込みが不可能です。

耐久性
DVD/BD 保護層
BDは、多くのデータを読み込めるように、読み取りスポットが小さいため、DVDより少しの傷、汚れがあれば、再生に多少影響があります。また、BDの保護層は非常に薄いなので(DVDは0.6mm、BDは0.1mm)、圧力や重さにも弱く、歪みが生じると記録面が損傷し、データが読み込めなくなることがあります。繊細なBDに、やさしくしてください。


DVD/BDの保管

光学ディスクについて、その保管のポイントは:

  • 日差しや高温を避けること
  • 専用ケースに入れて保管すること
  • クリーニングクロスやクリーナー剤でクリーニングすること

BD 不織布
特に専用ケースが大事です。DVD・CD用の不織布ケースにBDを入れるとしたら、大変なことになってしまいます。BD用の不織布は、保護層が薄いため、DVD用のより柔らかくて、凸凹が少ないのほうがいいです。

もし本当にDVD/BDに、絶対になくせないデータがあれば、バックアップもおすすめします。時代の移り変わりによって、今後、ディスクメディアは使用しないことになる可能性もあります。十数年前まで主流だった「フロッピーディスク」は、今の時代もう誰も使いません。そして、バックアップしたら、ディスクが破壊されても心配する必要もないです。DVD/BDをバックアップするのに、ここでは、ディスクに専念する会社 – DVDFab社の製品を紹介します。


DVD/BDバックアップに最適なソフト(25% OFF)

DVDFabは、16年以上DVD/Blu-ray/動画/音声に関するソフトウェア開発に専念している会社です。DVD・BDのコピー、リッピング(変換)、作成、バックアップは、すべてDVDFab社の製品にお任せ!

DVDFabオールインワン業界最強と言われるDVDFab社の製品は、最新技術を使って、市販・レンタルのDVD/BDムービーも、そのままロスレスでコピーできます。例え最近発売された強いコピーガードがかかったディスクも、束の間でそのガードを解除できます。さらに、ハードウェアアクセラレーションという刷新されたエンジンによる製品は、同類製品製品より最大5倍以上のコピー、リッピング、バックアップの時間が節約できます。DVD・BDにとどまらず、4K UHDディスクも、獲物のように狩られる運命です。

DVDFab DVDコピーBDコピーDVDリッピングBDリッピングなどの詳しい情報は、各ページにご確認ください。本サイトからDVDFab社の製品を購入すると、全部25%の割引で入手できます。

上記いずれかの製品は、スタンドアロンのソフトウェアではなく、ブルーレイ、Ultra HD 4Kブルーレイ、DVDのコピー、変換、作成とCinavia除去、HIFI音声変換、YouTube音声抽出など多くの機能モジュールを統合したDVDFabオールインワンの一つのモジュールとして動作しています。30日間全機能無料試用も皆さんに提供しました。DVD・BDのバックアップまたは変換ソフトを探している方、ぜひダウンロードしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です