25% OFF!DVDFab 11登場!斬新なデザイン!強化した機能!30日間全機能で無料体験!

DVDFabオールインワンDVDとブルーレイ映画ディスクのコピーガードを除去して、コピーとリッピングできると宣伝しているソフトはたくさんありますが、最新のDVDとブルーレイ映画を始め、殆どの映画ディスクも簡単で処理できる有名な開発元は指を折って数えることができるほど珍しいです。DVDFabなら、その中の一員に違いません。DVDFabは既に14年の開発経験を持って、全世界で180個以上の国及び地域から数百万以上のユーザーが集まっています。

他のDVDとブルーレイ開発と違って、DVDFabはとっくに様々なスタンドアローンのソフトウェアを一本のDVDオールインワンに統合しました。更に、4K Ultra HD Blu-rayをコピー、リッピングと作成するのもDVDFabオールインワンならではの機能です。

DVDFabは様々なDVDコピーガードとブルーレイコピーガードを除去することができます。対応可能のDVDコピーガードはCSS、リージョンコード、RCE、UOPs、ARccOS、RipGuard、レイヤーブレイクなどです。対応可能のブルーレイDVDコピーガードはAACS、BD+、リージョンコード、Java保護、BD-Live、UOPs、CCIなどです。他のどんなコピーガードを除去できることさえ明記していないBD・DVDコピーソフトはまったく同列に論じることはできません。

ずっとDVDFab 10を利用していましたが、ついに2018年10月24日にDVDFab会社はDVDFab 11(Windows版)をリリースしました。簡単に言えば、DVDFab 11は斬新なデザインと強化した機能をもたらしました。まずDVDFab 10とDVDFab 11のインターフェースをご覧ください。ご注意したいのはいずれもデフォルトのスキンを利用していて、スキンの変更によってインターフェースの見た目を変更できます。

DVDFab 10のインターフェース

DVDFab 10インターフェース

DVDFab 11のインターフェース

DVDFab オールインワンのインターフェース

インターフェースの違いから見ると、DVDFab 11はDVDFab 10のコピー、リッピング、変換、作成とユティリティーなど五つの機能タブを保持したまま、新たな「タスクリスト」タブを追加しました。DVDFab 10では右上の閉じるボタンの下で、小さいなタスクアイコンが表示されます。タスクを追加したら、タスクアイコンの上にタスクの数を表示する赤い数字が表示されます。アイコンをクリックすると、タスクキューマネジャーというダイアログが表示されて、全てのリスクが表示されます。
DVDFab 10タスクアイコン

正直に言えば、そのアイコンは見えないわけではありませんが、あんまり目立ちませんので、各機能タブでのタスクは各機能タブで開始する必要がある錯覚を起こすかもしれません。時間と精力の無駄になる可能性があります。DVDFab 11でタスクリストは他の五つの昨日タブと同じレベルに置かれては、錯覚を消せて、時間と精力を節約することができます。

DVDFab 11のスローガンは「社交生活と繋がる新しいポータル」です。出力形式のフォーマット欄のWeb OptimizedタブでYouTube MP4動画とYouTube MP4 4K動画を用意しました。これは内蔵のYouTubeアップローダを通じて、リッピングと変換モジュールで動画、DVD、ブルーレイと4K UHDブルーレイから変換したYouTubeのMP4動画をYouTubeチャンネルに直接アップロードして、同好者と共有できることです。リッピングと変換モジュールの下部で地球アイコンをクリックしたら、YouTubeチャンネルにサインインすることが可能です。ただし、DVDFab Softwareのアカウント権限を注意する必要があります。
DVDFab 11のYouTube MP4動画出力

DVDFab 11ではBlu-rayコピー、DVDコピー、UHDコピー、Blu-ray DVD変換、DVD Blu-ray変換、UHD Blu-ray変換、DVD Cinavia除去、Blu-ray Cinavia除去、UHD Cinavia除去、DVDリッピング、Blu-rayリッピング、UHDリッピング、Hi-Fi音声変換、動画変換、DVD作成、Blu-ray作成、UHD作成、DRM除去 for Apple、YouTube MP3変換、画面録画&編集 for iOSなどの有料のモジュールを搭載しているほかに、BDInfo、BDFix、YouTubeダウンロード、ファイル転送などの無料のモジュールを搭載しています。ユティリティータブもDVDFab 10のドラッグダウンリストから並びのアイコンになりました。これで利用可能のユティリティーは一目瞭然です。
DVDFabユティリティー

さっそくDVDFab 11を試したいですか。自分のパソコンに応じて、32-bit版或いは64-bit版をダウンロードして試しましょう。ちなみに、Mac版もV11にアップグレードしました。無料体験版は30日間全機能で利用可能です。体験しないと損です。

DVDFabオールインワンは一年ライセンスと永久ライセンスを提供しています。いずれも25% OFFで入手できます。

一年ライセンス | 価格:29314円 | 割引:25% | 値引き価格:21986円
永久ライセンス | 価格:42435円 | 割引:25% | 値引き価格:31826円

|

ちなみに、DVDFab 11の公式サイトは:https://ja.dvdfab.cn/dvdfab11.htm

さて、DVDFab 11の第一版の公式リリースV11.0.0.1とDVDFab 10の最後のバージョンV10.2.1.7と比べれば、何かアップデートがありますか。詳しい情報をご覧ください。

  • 更新: 全新なフラットデザインを採用したメインインターフェス、より簡潔で使いやすい。
  • 更新: 再設計されたフローティングウィンドウはメインインターフェースのボトムに表示されます。
  • 更新: タスクキューマネージャをメインインターフェースに統合しました。
  • 更新: リッピングと変換モジュールでYouTubeアップローダを導入しました。これにより、ユーザーは出力の動画をYouTubeチャンネルに直接アップロードできます。
  • 更新: スマートフォンやタブレットから直接DVDFab 11に動画を転送するためのモバイルビデオローダーを導入しました。
  • 更新: ファイル転送を再設計して、編集した動画をスマートフォンやタブレットに直接戻すことができます。
  • 更新: リッピングおよび変換モジュールのビデオ編集機能を再設計しました。
  • 更新: NVIDIA、AMD、Intelの最新のHWアクセラレーション技術をサポートする全く新しいTurbo変換エンジンを導入しました。
  • 更新: いくつかの新しいJava保護のサポートを追加しました。
  • 更新: 日本の新しいアダルトDVDのサポートを追加しました。
  • 更新: Hotel Transylvania 2(BD版)、The Shack(2017 BD版)、The Equalizer(2014 BD版)、Jason Bourne(4K UHD版)のディスクにあるCinavia透かしを削除するサポートが追加されました。
  • 更新: 「詳細設定」パネルの「オーディオ」セクションでMKV/M2TS関連プロファイルにDTSコーデックのサポートを追加しました。
  • 更新: リッピングおよび変換モジュールの「詳細設定」パネルの「ビデオ」セクションにあるMKV関連プロファイルにVP9/VP8コーデックサポートを追加しました。
  • 更新: リッピングおよび変換モジュールの「詳細設定」パネルの「オーディオ」セクションにあるMKV関連プロファイルにOPUSコーデックサポートを追加しました。
  • 修正: ISOファイルをNASデバイスに出力する際の低速問題。
  • 修正: ユーザーが選択したすべてのオーディオトラックが、Blu-rayおよびUHD Creatorモジュールによって作成された最終結果に残っていないという問題。
  • 修正: いくつかの改善と変更。

上記の更新ログから見ると、かなり多い機能を追加と強化しました。また、より多い映画のコピーガードとCinaviaウォーターマークを解除できるようになりました。もちろん、DVDFab V10で残った幾つかの問題を修正しました。

DVDFabは一年50回更新と宣伝しています。これはただの宣伝ではありません。2018年11月1日に、DVDFab V11の二番目のリリースV11.0.0.2も出ました。V11.0.0.2でも幾つかの機能更新とバグ修復があります。これでDVDFab V11の使用体験を一段向上しました。更新の詳しい情報をご覧ください。

  • 更新: いくつかの新しいJava保護のサポートを追加しました。
  • 更新: Men In Black 3(BD版)とSalt(BD版)のディスクにあるCinaviaウォーターマークを削除するサポートを追加しました。
  • 更新: ハードウェアアクセラレーションの詳細なコーデック情報を表示できるようになりしました。
  • 更新: iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの変換プロファイルをリッピングと動画変換モジュールに追加しました。
  • 更新: ファイル転送ユーティリティツールのユーザー体験を改善しました。
  • 更新: DVDFabリモートユーティリティツールのユーザー体験を改善しました。
  • 更新: 複数のタスクを処理する際にタスクキューマネージャのユーザー体験を改善しました。
  • 更新: いくつかのUI表示の問題を改善しました。
  • 修正: Intel HD GraphicsハードウェアアクセラレーションをNUC8i7HNKで有効にできない問題。
  • 修正: Live Update機能を使用して更新する際にデスクトップショートカットアイコンがデフォルトで作成される問題。
  • 修正: DPI設定を150%または175%に切り替えると、ユーザーインターフェイスが異常に表示される問題。
  • 修正: 前回でユーザーが選択したモジュールを次回起動時に開けない問題。
  • 修正: 共通設定 – >変換 – >出力 – >ファイルソースでパターン値を保存できない問題。
  • 修正: DVDFabが書き換え可能な空のメディアに書き込めない問題。
  • 修正: DVDやBlu-rayディスクをISOファイルにコピーする際に、ISOファイル作成プロセスが表示されない問題。
  • 修正: Blu-rayコピーモジュールでコピーした後、特定のBlu-rayにDTS-HD MA 5.1オーディオがない問題。
  • 修正: 出力パスを切り替えるためにプログラムを再起動する必要がある問題。
  • 修正: 特定のTSおよびWMVビデオから変換されたビデオが再生できない問題。
  • 修正: リッピングモジュールで同じテレビ番組の別のシーズンを読み込んだ後、編集した前のシーズンのタイトル名が戻ってしまう問題。
  • 修正: 動画変換モジュールで変換されたビデオにチャプターマーカーがない問題。
  • 修正: 動画変換モジュールのMKV 4K 10bitプロファイルがDolby Atmosオーディオをパススルーできない問題。
  • 修正: 動画変換モジュールで変換された後、SRT字幕が画面の上部に配置される問題。
  • 修正: 特定場合で動画変換モジュールで不適切なファイル拡張子を生成する問題。
  • 修正: 作成モジュールでメニューテンプレートで機能アイコンが失く問題。
  • 修正: Blu-ray 作成でシーンの名前を変更できないという問題。
  • 修正: ユーザーが外部字幕を追加した、またはソースにすでに内部字幕が含まれていると、Blu-ray作成で作成したビデオに字幕が含まれないという問題。

DVDFab V11は最強のDVDコピーとブルーレイコピーの能力を持って、他のライバルと比べれば、コピーできるDVDとブルーレイ映画ディスクは一番多いだけではなく、DVDFabならではのDVDとブルーレイのCinaviaウォーターマークの除去、4K Ultra HDブルーレイのコピー、リッピングと作成などの機能も持っています。正にブルーレイファンの最高の選択です。更に、動画の変換、編集とダウンロード、iTunes DRM解除とiOS画面録画などの昨日モジュールをソフト一本に用意しましたので、究極なマルチメディアソリューションと言えます。

一年ライセンス | 価格:29314円 | 割引:25% | 値引き価格:21986円
永久ライセンス | 価格:42435円 | 割引:25% | 値引き価格:31826円

|

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です