DVDFab Player!4K UHD Blu-rayも対応!今なら25% OFF!世界最高のBD・DVD・動画再生ソフト

お金をコツコツと貯めて、ようやくほしかった映画のブルーレイディスクのパッケージ版を購入しました。一日のストレスを解消させるために、このディスクをシーディーロムに入って、再生したいとき、「何でうまく再生できんのか」という戸惑いを感じる方が少なくないと思います。新たなブルーレイ対応ハードウェア、汚れなく盤面、欠けているものはメディア再生ソフトのみです。本文は、いま最強と言われているメディアプレイヤー―DVDFab Playerを皆さんに紹介します。


無料再生ソフトを利用すれば?

著作権保護技術

市販、レンタルブルーレイ(一部のDVDも)すでに暗号化されています。ストアからダウンロードした無料メディアプレイヤーなら、個人向けの自作ブルーレイしか再生できません。ですから、好きな映画ディスクにあるこの保護を何とかしないと再生できません。

DVDFabメディアプレイヤーを選択する理由

ストアにいろいろなメディアプレイヤーソフトウェアがあります。どちらを選ぶのか迷い込んでしまいますね。その中にDVDFab Playerは何かメリットがありますか。焦らず一つずつ見ていきましょう。

画期的なエンジン、ロード時間大幅に減少

ハイスピード

DVDFab Playerは、新たに開発された再生エンジンを搭載しています。他社製品と比べてみると、4Kブルーレイのロード時間が約500%短縮できます。あたかも赤い彗星のように、強くて早くて、さらに再生時の安定性も強化しました。未知なるバグ/エラーによるほとんどの問題が心配なく利用できます。

洗練されたデザイン、PC/TVモードの切り替え可能

モード選択

動画をPC/TVどちらに再生させるのか、実はどちらでもすでに最適化されました。再生デバイスの異なりによって、DVDFab Playerはこの上ない体験をお送りします。

あらゆるコンテンツ対応、ナビゲーションから3Dまで

3D映画対応

DVDFab Playerは、DVD / Blu-ray / 4K Ultra HD Blu-rayの物理ディスク / ISOファイル / フォルダを問わず、全ての入力形式のナビゲーションが対応できます。さらに、SBS(サイドバイサイド) / トップ&ボトム、アナグリフ(赤青) / 3D対応HDTV(チェッカーボード) / LCD 3D / HDMI 1.4以上もサポートしています。家でも映画館のように3Dの世界へ行けます。

ハイレゾ音源対応、HDRハイクオリティで視聴体験

HDR VS SDR
DVDFab PlayerはHDR(ハイダイナミックレンジ合成)をそのまま再現できます。風景のダイナミックレンジ(最も明るい部分と最も暗い部分の明暗の比)をコントロールして、より鮮明、より深いコントラストの風景を目の前に広げていきます。また、ハイレゾに対応するサウンドシステムがあれば、Dolby Atmos / Dolby TrueHD / DTS-HDマスター / DTS:Xなども対応していますので、自宅でもその臨場感を感じられます。


DVDFab Playerの動作環境

DVDFabメディアプレイヤー★ Windows 10/8.1/8/7 (32-bit/64-bit)
★ Core 2 Quad 以上
★ NVIDIA GeForce GTX 9(Pascal対応)シリーズ以上のビデオカード (HDRモードでは必要)
★ メモリ 2 GB RAM
★ HDR対応ディスプレイ (HDRモードでは必要)
★インターネット接続(アクティベーション / プログラムアップデート)
まずはご自身の環境を確認してから購入するようにしましょう。


素人でも気軽に利用できる使い方

強いソフトウェアであれば、めまいが出るほどの操作が必要だと思う人がけっこういます。しかし、DVDFab Playerはシンプルなインタフェースで、誰でも気軽に利用でます。一緒にその使い方をみましょう。

ステップ1:再生させたいファイルディスクを追加

DVDFab Playerを起動すると、モード選択画面が表示されます。本ガイドは、PCモードを例にして説明します。

ブルーレイ・DVDディスクをBD-ROM・DVD-ROMに入れたら、DVDFab Playerは自動的に映画を読み込めます。映画のサムネールがソフトの画面に表示されます。サムネールをクリックしたら、映画の再生が始まります。
Blu-ray/DVDソースをDVDFab Playerに追加

もちろん、インタフェース大きな「+」マークをクリックすると、MP4、AVI、M2TS、WMVなど様々な動画形式、またはISO、INI、NRG、IMGなどのブルーレイ・DVDのイメージファイルの追加も可能です。

もしロード後、画面が真っ暗になったら、マウスで「プレイボタン」を押せば再生を始めます。一部のDVD/BDムービーにナビゲーションがありまして、こういう場合なら、ナビゲーションの指示に従って再生ができます。

ステップ2:再生のコントロール

再生中の画面に右クリックしたら、ビデオ、字幕、オーディオ、チャプター、画面表示など様々な設定項目が表示されます。
右クリックメニュー

右上のオプションを表示させたら、ホットキー、字幕モード、ハードウェア加速、メニュー言語、出力色範囲などさらに詳しい調整が行えます。

注意点:ブルーレイのリージョンコード

ブルーレイディスクには再生できる地域を制限することの為にしたリージョンコードが指定されています。これは地域の区分けこそ異なるものの原則として従来のDVDリージョンコードと同様のものので、ある一定の地域で販売されたプレーヤーではそれと同じ地域で発売されたソフトしか再生できません。
Blu-ray規格のリージョン

DVDFab Playerは自動的にリージョンコードの検出ができますが、ときにロード時間が長すぎる場合、オプションに地域を指定して、ロード時間を短縮に役立ちます。

リージョンコードA:南北アメリカ、東南アジア、日本、朝鮮半島、中国台湾及びそれら海外領土
リージョンコードB:ヨーロッパ、中近東、アフリカ、オセアニア及びそれら海外領土
リージョンコードC:中央・南アジア、中華人民共和国、ロシア、モンゴル


まとめ

DVDFab Playerは驚くほどの機能が搭載されています。市販、レンタルまたはハードディスクに保存した映画ファイル、または4K、3D、ハイレゾ音源、HDR…すべて対応できます。まだ再生させられなく悩んでいる方、ぜひダウンロードして使ってみてください。


DVDFab Playerの価格(25% OFF)

DVDFab Playerは二つのバージョン(製品版、Ultra版)が用意しています。
製品版なら、4Kブルーレイ、3D再生が対応していません。DVDメニュー再生対応 / Blu-ray 通常再生のみ(メニュー再生 非対応)ならできます。4K、3Dシステムがない場合あるいは単なるムービーそのものを楽しみたい方なら、製品版でいいです。製品版とUltra版の違いは下に記してあります。

両製品の違い

機能 製品版 Ultra版
4K Ultra HD Blu-rayディスク(コピーガード無し) 対応
Blu-rayディスク(シンプルモード) 対応 対応
Blu-rayディスク(メニューモード) 対応
BDAVディスク 対応 対応
AVCHDディスク 対応 対応
DVDディスク 対応 対応
3D 再生 対応
4K UHD 対応
HEVC (H.265) 対応
HDRレンダリング 対応
H.264 対応 対応
MPEG-4 対応 対応
MPEG-2 対応 対応
DivX 対応 対応
XviD 対応 対応
WMVや他のビデオファイル 対応 対応

上記に記していない機能が両方も同じです。(オーディオ サポート、再生モード、プレイリストのカスタマイズ、サムネイルによるスマートプレビュー)
DVDFab メディアプレイヤー スタンダード版

DVDFab Player製品版を購入

Windows版 | 価格:10235円 | 割引:25% | 値引き価格:7676円

Mac版 | 価格:5739円 | 割引:25% | 値引き価格:4304円


DVDFab メディアプレイヤー ultra版

DVDFab Player Ultra版を購入

Windows版 | 価格:17135円 | 割引:25% | 値引き価格:12851円

Mac版 | 価格:8039円 | 割引:25% | 値引き価格:6029円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です