PassFab Officeパスワード回復:忘れたワード、エクセルとパワーポイントのパスワードを簡単に高速で取り戻す

PassFab Officeパスワード回復:Word、ExcelとPowerpointのパスワードの回復ソフト仕事において、マイクロソフトが開発したMicrosoft Officeは定番ソフトと言っても過言ではありません。特に、ワード(Word)、エクセル(Excel)とパワーポイント(PowerPoint)は最も広く使われているモジュールです。ワード(Word)で企画と記事を書いたり、エクセル(Excel)でデータを計算・分析したり、パワーポイント(PowerPoint)でプレゼンテーションを作ったりするのはもう仕事に不可欠な一部です。企画やデータの保護もとても大切なため、パスワードをかけるのも普通です。

しかし、デジタル時代とも言える今は、パスワードは多すぎます。それで、パスワードを忘れてしまった場合もよくあります。普通のサイト、サービス或いはアプリのパスワードを忘れたら、Eメールや携帯番号などを利用して、一般に回復できますが、仕事の上で大切なワード、エクセル或いはパワーポイントのドキュメントのパスワードを忘れたら、最悪で首にされる可能性もあります。万が一にWord、Excel或いはPowerPointのファイルのパスワードを忘れたら、どうにもしようがないでしょうか。

心配することがありません。パスワード回復専門家であるPassFab社が開発したPassFab Officeパスワード回復を利用したら、簡単に高速で忘れたWord文書、ExcelワークブックとPowerpointスライドショーのパスワードを取り戻せます。

PassFab Officeパスワード回復はワードパスワード回復ソフトのPassFab Wordパスワード回復、エクセルパスワード回復ソフトのPassFab Excelパスワード回復とパワーポイントパスワード回復ソフトPassFab PPTパスワード回復の組み合わせをみなしてもOKです。マイクロソフトオフィス97から最新の2019に渡って、全てのバージョンに対応できます。つまり、doc、docx、xls、xlsx、pptとpptxなどの拡張子のファイルからパスワードを回復できます。

PassFab Officeパスワード回復は辞書攻撃、類推攻撃と総当たり攻撃など三つのパスワード攻撃モードを用意して、暗号化されたOfficeドキュメントファイルを完全に解除することができます。さらに、高度なアルゴリズムと業界最先端のテクノロジーを使用して、マルチコアCPUとGPUアクセラレーションを発揮して、最大40倍速でパスワードを検索して回復できます。元のファイルに損を与えませんので、安心して利用できます。

PassFab Officeパスワード回復の無料体験版では最新の辞書ファイルをダウンロードできなく、取り戻したパスワードを*マークで表示する制限があります。PassFab Officeパスワード回復はWindows XP、Vista、7、8、8.1と10のパソコンまたはWindows 2008、2011、2012、2016と2019などのサーバーで動作できます。Mac版がありません。


PassFab Officeパスワード回復、PassFab Wordパスワード回復、PassFab Excelパスワード回復とPassFab PPTパスワード回復は月間、年間、永久とボリュームライセンスなどのライセンスプランを提供しています。月間ライセンスと年間ライセンスは自動更新です。手動でキャンセルすることができます。ここでは永久ライセンスをお勧めします。ここでのボリュームライセンスはPC 5台で登録する価格です。必要に応じて、プランを選択しましょう。

ライセンスプラン
ソフトウェア
月間 年間 永久 ボリューム 購入する
Officeパスワード回復 3980円 4980円 6080円 6880円 購入する
Wordパスワード回復 1880円 2280円 3980円 4980円 購入する
Excelパスワード回復 1880円 2280円 3980円 4980円 購入する
PPTパスワード回復 1880円 2280円 3980円 4980円 購入する

PassFab Officeパスワード回復の使い方

PassFab Officeパスワード回復を利用して、忘れたWord文書、ExcelワークブックとPowerpointスライドショーのパスワードを回復する手順は以下です。

ステップ1:ドキュメントを追加

PassFab Officeパスワード回復を起動して、以下のような画面が表示されます。下記は登録済のバージョンです。登録していない場合、右上に登録用の鍵ボタンと購入用のカートボタンが表示されます。
PassFab Officeパスワード回復のインターフェース

追加ボタンをクリックして、暗号化されたWord文書(*.doc、*.docx)、Excelワークブック(*.xls、*.xlsx)或いはPowerPointスライドショー(*.ppt、*.pptx)を追加します。ここではパスワードをかけたエクセルファイルを例にします。ファイルを追加すると、ファイルの暗号化方式、難易度が表示されます。
暗号化されたエクセルファイルを追加

ステップ2:パスワード攻撃モードを選択

このパスワード回復ソフトには辞書攻撃、類推攻撃と総当たり攻撃の三つのパスワード攻撃モードが用意されています。デフォルトの攻撃モードは辞書攻撃です。どの攻撃モードを選択するのは、場合によって違います。正しいモードを選択したら、時間を節約できます。

辞書攻撃(Dictionary Attack):組み込みまたはカスタマイズされたパスワード辞書を使用するため、検索範囲を大幅に狭めて、非常に効率的です。最速でパスワードを回復できるモードですが、回復率は一番低いです。このモードでパスワードを回復するに、右にある設定ボタンをクリックして、辞書ファイルをダウンロードする必要があります。或いは自分で作った辞書ファイル(*.txt)を追加してもOKです。辞書ファイルの作成はtxtファイルの作成、できる限り可能性のあるパスワードを追加することだけです。
辞書攻撃で忘れたエクセルのパスワードを回復

類推攻撃(Brute Force with Mask Attack):パスワードの任意の文字を知っている場合、このモードの利用をお勧めします。パスワードは10個の数字0-9、26個の小文字のa-z、26個の大文字のA-Zまたは33個の特殊記号の組み合わせです。使った文字の範囲の広さ、パスワードの長さはパスワードの複雑度に関わっています。例えば、全ての文字を利用して、パスワードは1桁の場合、可能の組み合わせは10+26+26+33=95個です。全ての文字を利用して、パスワードは2桁の場合、値は95×95=9025個です。パスワードの長さは1桁で伸ばしたら、値は95倍になります。全ての文字を利用して、パスワードは6桁の場合、値はなんと735,091,890,625に登ります。ですので、確実に使われている文字列を指定したら、パスワードの解析をより効率的に行えます。

類推攻撃モードでは、パスワードの最小長や最大長、文字列の指定、始まりや終わりの文字などを設定できます。これらの情報があれば、パスワードの回復率は大幅に向上できます。
類推攻撃で忘れたエクセルのパスワードを回復

文字列の細目ボタンをクリックしたら、パスワードに使われそうな文字を選択できます。下記の例は小文字の選択画面です。
パスワードに使った小文字を指定

類推攻撃は辞書攻撃と比べれば、かかる時間は長くなりますが、パスワードの回復率は高いです。

総当たり式(Brute Force Attack):パスワードになんの手がかりがない場合、このモードを利用して、考えうる文字の組み合わせを全て試しますから、時間がかかります。もしパスワードは長くて複雑である場合、高性能のパソコンでも必ず回復できるわけではありません。

ステップ3:パスワード回復を開始

設定が終わったら、残りはパスワード回復の開始と待つことだけです。開始ボタンをクリックすると、忘れたWord文書、ExcelワークブックとPowerPointスライドショーのパスワードの回復が始まります。同じファイルのパスワードを解析する場合、解析を中止して再開したら、前回のプログレスから続けることができます。とても便利です。パスワードの複雑度によって、待つ時間も違います。
下記の画面はパスワードを取り戻した画面です。このパスワードを利用すれば、元のオフィスファイルを無地に開いて閲覧できるようになります。
パスワード回復完了

大切なWord文書、ExcelワークブックまたはPowerPointスライドショーに、パスワードをかけないとちょっと不安ですが、パスワードを忘れてしまったら、ずいぶん厄介なことになります。できるだけパスワードを覚えたほうがいいでしょう。万が一にオフィスファイルのパスワードを忘れて、取り戻さないといけない場合があったら、ぜひPassFab Officeパスワード回復を試してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です