PassFab for PDF:忘れたPDF文書のパスワードを簡単に高速で取り戻す

PassFab PDFパスワード回復個人からビジネスまで世界中最も広く利用されている文書形式を言ったら、PDF文書に違いません。PDFとは、Portable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)の略称で、Adobeが開発および提唱する、電子上の文書に関するファイルフォーマットであります。特定の環境に左右されずに全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像等を閲覧できる特性を持っていますので、Windows、Mac、iOS、Android、ブラウザー、電子ブックリーダーなど様々な環境で利用されています。

個人でも、ビジネスでも、セキュリティのために、よくPDF文書にパスワードをかけることがあります。Adobe Acrobat 或いは他のPDFソフトを利用して、PDF文書にパスワードを設定できます。これで、不正な閲覧、編集、印刷と保存などを防げます。

しかし、PDF文書にかけたパスワードを忘れてしまった場合もあります。その時、どうすればPDF文書のパスワードを取り戻せますか。パスワード回復専門家のPassFab社からのPassFab for PDF(PassFab PDFパスワード回復)を利用すれば、簡単に忘れたまたは紛失したPDFファイルのパスワードを取り戻せます。PassFab PDFパスワード回復の素晴らしい機能をご覧ください。

  • 40-bit RC4、128-bit RC4、128-bit AESまたは最新の256-bit AESで暗号化されたPDF文書からパスワードを回復
  • 辞書攻撃、類推攻撃と総当たり攻撃の三つのパスワード攻撃モードを用意
  • GPUアクセラレーションを搭載、超高速パスワードを回復
  • 使いやすいインターフェース、最新のWindows 10に対応

PassFab for PDFの無料体験版では辞書式の攻撃モード用の辞書ファイルをダウンロードできません。また、取り戻したパスワードは*マークとして表示されます。取り戻したPDFのパスワードを表示させるに、PassFab for PDFのライセンスを購入する必要があります。PassFab for PDFは月間、年間、永久とボリュームライセンスなどのライセンスプランを提供しています。価格リストは以下です。

ライセンスプラン
ソフトウェア
月間 年間 永久 ボリューム 購入する
PDFパスワード回復 1880円 2280円 3980円 4980円 購入する

この記事ではPassFab for PDF(PassFab PDFパスワード回復)を利用して、忘れたパスワードを取り戻す方法を紹介します。パスワードでPDF文書を保護する方法について、Adobeの公式サイトで、PDF文書にパスワードを設定する方法をご覧ください。


PassFab for PDFの使い方

PassFab for PDFを利用して、忘れたPDF文書のパスワードを回復する手順は以下です。

ステップ1:PDFファイルを追加

PassFab for PDFを起動して、以下のような画面が表示されます。下記は登録済のバージョンです。登録していない場合、右上に登録用の鍵ボタンと購入用のカートボタンが表示されます。
PassFab for PDF(PassFab PDFパスワード回復)

追加ボタンをクリックして、暗号化されたPDFファイルを追加します。PDF文書を追加すると、PDFファイルの暗号化方式、難易度が表示されます。
暗号化されたPDF文書を追加

ステップ2:パスワード攻撃モードを選択

このPDFパスワード回復ソフトには辞書攻撃、類推攻撃と総当たり攻撃の三つのパスワード攻撃モードを利用できます。既定の攻撃モードは辞書攻撃です。攻撃モードを選択する前に、少し攻撃モードの説明を読みましょう。正しい攻撃モードの選択は、PDF文書のパスワード回復に使った時間を大幅に短縮できます。

辞書攻撃(Dictionary Attack):辞書攻撃モードは事前に用意されたパスワード辞書ファイルを使用して、検索範囲を大幅に狭めて、非常に効率的です。使ったパスワードは辞書に記載された場合、すぐにパスワードを回復できます。記載されていない場合、辞書にある全てのパスワードの組み合わせを検索しても、パスワードを取り戻せません。つまり、最速でPDF文書のパスワードを回復する可能性がありますが、回復率も一番低いです。辞書攻撃モードの右にある設定ボタンをクリックして、辞書ファイルをダウンロードする必要があります。或いは自分で作った辞書ファイル(*.txt)を追加してもOKです。辞書ファイルの作成はtxtファイルの作成、できる限り可能性のあるパスワードを追加することだけです。
PassFab PDFパスワード回復の辞書設定

類推攻撃(Brute Force with Mask Attack):PDF文書のパスワードに使ったある文字あるいは一部の文字を覚えている場合、この攻撃モードの利用をお勧めします。パスワードは10個の数字0-9、26個の小文字のa-z、26個の大文字のA-Zまたは33個の特殊記号の組み合わせです。パスワードの複雑度と取り戻し時間は使った文字の範囲の広さとパスワードの長さから決定します。例えば、全ての文字を利用して、パスワードは1桁の場合、可能の組み合わせは10+26+26+33=95個です。全ての文字を利用して、パスワードは2桁の場合、値は95×95=9025個です。パスワードの長さは1桁で伸ばしたら、値は95倍になります。全ての文字を利用して、パスワードは6桁の場合、値はなんと735,091,890,625に登ります。ですので、確実に使われている文字列を指定したら、パスワードの解析をより効率的に行えます。

類推攻撃モードでは、パスワードの最小長や最大長、文字列の指定、始まりや終わりの文字などを設定できます。これらの情報があれば、パスワードの回復率は大幅に向上できます。
類推攻撃で忘れたPDF文書のパスワードを回復

文字列の細目ボタンをクリックしたら、パスワードに使われそうな文字を選択できます。下記の例は小文字の選択画面です。
PassFab for PDFのパスワード文字範囲の設定

類推攻撃は辞書攻撃と比べれば、必要な時間が長くなりますが、パスワードの回復率も高くなります。

総当たり式(Brute Force Attack):パスワードをすっかり忘れて、なんの手がかりもない場合、このモードを利用して、考えうる文字の組み合わせを全て試しますから、時間がかかります。もしパスワードは長くて複雑である場合、高性能のパソコンでも必ず回復できるわけではありません。

ステップ3:PDFパスワード回復を開始

攻撃モードを選択して、モードの設定が完了したら、インターフェースの開始ボタンをクリックすると、PDFパスワードの回復が始まります。同じPDF文書のパスワードを解析する場合、解析を中止して再開しても、前回のプログレスから続けることができます。とても便利です。パスワードの複雑度によって、待つ時間も違います。

下記の画面は忘れたPDF文書のパスワードを取り戻した画面です。コピーボタンをクリックして、パスワードをメモ帳やWordなどのテキスト編集ソフトにペーストできます。今、元のPDFを開いて、表示されたパスワードの入力ボックスに、取り戻したパスワードをペースト・入力したら、PDFファイルを無事に閲覧できます。PDFファイルに他の権限制限を設定していない場合、編集、コピー、印刷または削除などが可能になりました。
PDF文書のパスワードを取り戻す

以上はPDFパスワード回復ソフトのPassFab for PDFの使い方です。簡単でしょう。


ビジネスに、PDF文書を使う頻度はかなり高いです。大切なPDF文書にパスワードをかけないと、うっかりして企業秘密を漏れる可能性もあります。一方、かけたパスワードを忘れてしまったら、ずいぶん厄介なこともなります。できる限りPDF文書のパスワードを覚えたほうがいいでしょう。不運にPDF文書のパスワードを忘れて、取り戻さないといけない場合があったら、ぜひこの最強のPDFパスワード回復ソフトのPassFab for PDFを試してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です