PowerDirector 16:国内販売シェアNo. 1ビデオ編集ソフト

PowerDirector動画編集ソフト高解像度の動画を録画できるデジカメと携帯電話の流行、高速インターネットの普及とYouTube、ニコニコ動画などの動画共有サイトの大人気などによって、動画編集作業も少数の動画エキスパートの需要から国民大衆の共通需要に変えました。人の儚い一生の中で、旅行、結婚式、卒業式、成人式、学園祭、日常生活の素晴らしい瞬間など大切なモメントを記録した録画または写真を素材として、バックグラウンド音楽と自分の台詞で作った字幕を追加して、高解像度の動画ファイルを作ってパソコンに保存したり、YouTube、ニコニコ動画などの動画サイトにアップロードして共有したり、DVD・ブルーレイに書き込んで大画面のテレビで家族と友人と楽しんだりするのは、動画編集ソフトが必要です。

一般には、動画変換ソフトでもでもよくトリム(カット)、クロップ、ウォーターマーク追加、音声と字幕追加、効果調整などの編集機能を搭載しています。動画編集ソフトでもこれらの機能があります。ただし、動画変換ソフトはタイムライン、トランジション、オーバレイ、フィルター、クレジットタイトル、写真の追加などの機能を持たなくて、動画編集ソフトとは言えません。

ここではPowerDirectorという初心者でも簡単に使える動画編集ソフトを紹介します。もちろん、エキスパートに向け上級の機能と設定もあります。日本語に対応して、最新のWindows 10で完璧に動作できます。

PowerDirectorはCyberLink社が開発・販売しているビデオ編集ソフトであります。快適な動作と高度な編集機能を兼ね備えて、二年連続”国内販売シェアNo. 1”ビデオ編集ソフトという受賞があります。

PowerDirectorはビデオ、メニュー、マスク、タイトル、トランジション、テーマ、PIP(オーバーレイ)などに対して、豊富なデザイン機能を搭載しています。
PowerDirector:動画編集ソフト

ビデオを追加したら、最大7 つのビデオ素材を 1 つの画面に分割配置して、コラージュのように動画を一つの画面に同時に再生することができます。テンプレートは30種類を用意して、簡単にフレームフレームアニメーション効果を追加できます。写真を追加したら、画像やタイトルをマスクとして切り抜いた表現ができます。マスクに動きを付けたり、反転やぼかすことも可能です。

追加された動画と写真の間に、多種多様のトランジションを追加して、綺麗に切り替えることが可能です。また、動画と写真の上にテキストを追加して、テキストォント、色と透明度を自由に調整できます。もちろん、動画や写真を重ねて、PIP(オーバーレイ)機能を使って、テレビ番組でよく使われるワイプ映像を作ることができます。スライドショーの作成に、様々なテンプレートから選択して、テーマを適用して、動画や写真をはめ込んでムービーを作成できます。PowerDirectorでCyberLink社ならではのTrueTheater Color技術を利用して、動画と写真をさらに美しく色鮮やかにすることができます。

PowerDirectorにも充実した360º ビデオ編集機能を満載しています。タイトル、オブジェクトの追加、エフェクトやトランジションなどの特殊効果を適用できます。360ºビデオ 手振れ補正も用意しています。

様々な音声形式に対応して、バックグラウンド音楽として追加することができます。動画内の音声を検出し、BGM の音量を自動的に下げることも可能です。音声の聞き取りにとても便利です。

PowerDirectorは汎用のMP4、FLV、MKV、WMV、MOVなどの形式に対応するのはもちろんですが、2K、4K、XAVC S、H.264、H.265/HEVCなどの動画の取り込みと取り出しも可能です。また、DVDとブルーレイに書き込んで、ブルーレイビデオとDVDビデオの作成も可能です。YouTubeにアップロードして共有する機能も用意しています。iPhone、iPad、Android携帯電話とタブレット、PSP、PS3、Xboxなど多くのデバイスに最適化したプロファイルへの出力も可能です。

PowerDirectorはWindows版のみです。エフェクトとテンプレートの収録数によって、PowerDirectorはUltra版とUltimate版に分けます。Ultra版の収録数は657種で、価格は99.99ドル(約11100円)です。Ultimate版の収録数は1287種で、価格は129.99ドル(約14440円)です。

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です