Boilsoft Apple Music Converter:Apple Music をMP3/M4Aに変換して、あらゆるデバイスで聞く

Boilsoft Apple Music ConverterBoilsoft Apple Music Converter は購読中のApple Musicを音質損なしでMP3、M4A、WAV、M4Rなどの音声形式に変換できます。変換後の出力ファイルには、アーティスト、アルバム、曲の名前、トラック番号などの情報を残せます。変換スピードなら、最速では16倍です。

ダウンロードしたApple MusicはDRM仕組みのあるM4Pファイルです。iPod Shuffle、iPod Nano、iPod Touch 4、PSP、様々なMP3プレーヤーでは再生できません。Boilsoft Apple Music Converterを利用して、Apple MusicをMP3、M4Aなどに変換すれば、あらゆるデバイスで楽しめます。たとえ今後でApple Musicの購読をキャンセルしても、変換後のMP3、M4A音声ファイルをパソコンで永久に保存できます。

Boilsoft Apple Music Converterは最新のiTunesバージョンに対応して、Windows 10とmacOS Sierraで動作できます。最高な互換性があります。

Boilsoft Apple Music Converter の主な機能

  • 購読中のApple MusicのM4P音声を汎用のMP3、M4Aなどに変換
  • M4B、M4AまたはAudibleのAA、AAX形式のオーディオブックを変換
  • 他のiTunesで再生可能の音声形式の変換に対応
  • iTunesのMV、テレビ番組、映画などから音声を抽出
  • MP3、M4A、AAC、AC3、AIFF、AU、MKA、M4R、FLACなどの音声出力形式に対応
  • アーティスト、アルバム、曲の名前、トラック番号、ジャンルなどのID3タグを残す
  • オーディオブックからM4Aへの変換にはチャプター情報を保つ
  • 原速から16倍速まで変換スピードを好きに調整
  • 曲のタイトル、アーティスト、アルバムなどで出力ファイルを分類、改名

Boilsoft Apple Music Converterの試用制限と価格
このApple Music変換ソフトの無料体験版で曲毎に3分まで変換できます。30日間で無料体験できます。試用制限を解除するには、製品版を購入すればいいです。一度だけの購入で、生涯無料でアップデートできます。Windows版Mac版も39.95ドルで、およそ4500円となります。

Boilsoft Apple Music Converterの使い方

ステップ1: Apple Music変換ソフトを起動

Boilsoft Apple Music Converterを起動したら、iTunesは自動的に起動されます。このApple Music変換ソフトを実行する前に、iTunesは既に実行している場合は、まずiTunesを終了する必要があります。

Boilsoft Apple Music Converter はiTunesでのライブラリにある全部メディアファイルを自動的に読み込めます。保護なしの音楽、Apple Music、Apple Musicプレイリスト、オーディオブック、Podcast、テレビ番組、Music Video、映画、ホームビデオなどに対応です。

Boilsoft Apple Music Converter

ステップ2:変換したいファイルを選択

右パネルで変換したい曲を選択できます。ファイルのジャンル、種類とアルバムカバーが表示されます。例えば、Coldplayの「The Hardest Part」という曲はApple Music AAC Audioです。Apple Musicを変換するには、ローカルにダウンロードする必要もありません。曲或いはプレイリストをiTunesライブラリに追加すればいいです。もし問題があったら、先に曲をダウンロードしてから変換すれば、問題が解決できます。

情報と名前の中にあるチェックボックスをクリックしたら、全部の選択となります。内蔵の検索ボックスでキーワードを入力して、Enterを押したら、結果が表示されます。

ステップ3:出力形式を選択

下部の出力形式リストから出力形式を選択します。最も広く使われている形式なら、MP3とM4Aです。Apple MusicをiPhoneの着メロに変換したいなら、M4Rを選択してください。Apple Musicは実際に256kbpsの保護AACファイルです。音質損を発生しないようには、320kbpsのMP3或いは256kbpsのM4Aを選択してください。下のプロファイルで或いは右のビットレート欄で設定できます。

Apple Music変換の出力形式を選択

ステップ4:変換スピードと出力ファイル名を設定

ツールバーでオプションをクリックして、環境設定が表示されます。一般と高級など二つのタブがあります。一般タブでは音声変換スピードと出力ファイル名の設定などができます。

Apple Music 変換の環境設定

Apple Musicの変換スピードは、16倍に設定しても、良い音質の出力ファイルを取得できます。オーディオブックなら、変換スピードを下げた方がお勧めです。万が一音質の問題があったら、変換スピードを低くするのは解決できるはずです。

既定の出力ファイル名の設定について説明します。{Title}は曲の名前、{Album}はアルバム、{Artist}はアーティスト、{TrackID}はトラック番号、{DiscID}はディスク番号です。例えば、変換待ちの「The Hardest Part」という曲なら、仮に出力はMP3である場合は、{Titile}だけに設定したら、出力ファイルの名前は「The Hardest Part.mp3」です。もし、{Album}/{Artist} – {Title}に設定したら、アルバムの名前のフォルダが作られ、「X & Y」のフォルダで、「ColdPlay – The Hardest Part」となります。スペース、ハイフンとスラッシュなどの記号を利用可能です。

高級タブでは出力形式のビットレートの設定です。ステップ3での設定は同じです。設定が完了したら、閉じてメイン画面に戻ります。

ステップ5:Apple Music変換を開始

ツールバーで変換ボタンをクリックして、選択したApple Musicの曲は指定の出力に変換されます。「出力先を開く」をクリックして、出力ファイルは見つけます。

Apple MusicをMP3に変換中

以上はApple Musicの変換手順です。Apple MusicをMP3、M4Aなどに変換したら、iTunesライブラリに追加して、iPod Shuffle、iPod Nano、iPod Classic、iPod Touch 4などApple Musicに対応できないディバイスでもApple Musicを楽しめます。もちろん、MP3とM4Aなら、PSP、PS3、PS4、Xboxなど殆どのデバイスでも楽しめます。また、出力の音声ファイルは動画編集、DVD作成などのバックグラウンドミュージックとして利用することも可能です。Apple MusicのDRMを解除して、MP3かM4Aに変換したら、Apple Musicの利用はとても便利になります。

ちなみに、開発元のBoilsoftの公式サイトは http://www.boilsoft.com です。英語サイトで、日本語サイトがありません。ただし、ソフトウェアは日本語に対応していますので、安心してご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です