iPadデータ転送:音楽、動画と写真などのデータをiPadに取り込む・iPadから取り出す

iPadデータ転送ソフト一般に、音楽、動画、写真などのデータをiPadに転送するに、iTunesを使用する必要があります。ただし、iTunesを通じて、データをiPadに転送するに、幾つかの点をご注意したいです。(1)iTunesでのデータ転送は片側です。つまり、iTunesからiPadへは可能、逆でiPadからiTunesへ或いはパソコンへは不可能です。ハードディスクが壊してデータが消えた場合、iPadの中身からデータをパソコンへに転送するのも駄目です。(2)iTunesでのデータ転送は同期の方式です。普通のファイルのコピーとペーストとは違います。データ種類を選択して転送した後、その種類において、iTunes側で転送したいデータとiPadでのデータは同じになります。うっかりして、iPadでのデータを削除してしまう可能性があります。(3)iPadでのファイルはiTunesライブラリに存在しない場合、同期したら、そのファイルはiPadから消えます。

初心者にとって、この方式は少し複雑です。USBドライブとフラッシュメモリのファイル操作は全然違います。それらの問題を簡単に解決するに、FonetransというiPadデータ転送ソフトが開発されました。Fonetransは最新のWindows 10、macOS High SierraとiTunesに対応しています。まず無料体験版をダウンロードして試してください。

Fonetrans iPad転送ソフトの素晴らしい機能をご覧ください。

  • iPad Pro、iPad Air、iPad Miniなど各世代のiPad、iPhone、iPod Touchに対応
  • 各世代のiPod Nano、iPod ShuffleとiPod Classicなどにも対応
  • パソコンからePub、PDF、連絡先などのテキストデータとミュージック、ムービー、TV番組、ミュージックヴィデオ、ポッドキャスト、iTunes U、着信音、オーディオブック、ボイスメモ、プレイリスト、写真、アルバムなど12種類のメディアデータをiPad、iPhone、iPodに転送
  • 連絡先、SMS、ePub、PDFなどのテキストデータおと音楽、動画、写真など12種類のメディアデータをiPad、iPhone、iPodからパソコンに転送
  • ePub、PDFと動画、音楽、プレイリストなど10種類(写真とアルバムを除く)のデータをiPad、iPhone、iPodからiTunesライブラリに転送
  • iOSデバイス同士で自由自在にデータを相互転送
  • パソコンから互換性のない動画と音楽ファイルをiPadとiPhoneに転送する時、自動的に変換
  • iPad、iPhoneなどのタイプ、容量、iOSバージョン、シリアルなどのデバイス情報を表示
  • 内蔵の検索ボックスで転送・管理したいファイルを簡単に検索
  • iPad、iPhoneとiPodでのファイルを削除可能
  • 新規プレイリスト、プレイリストへファイルの追加などに対応
  • 音楽と動画の名前、アーティスト、アルバム、ジャンルとアートワークなどの情報の編集に対応

永久ライセンス|価格:4580円|割引:20%|値引き価格:3664円

Fonetransを利用して、データをiPadに取り込むことまたはiPadからデータを取り出すことは非常に簡単です。いずれにしても、iTunesを起動しないでください。実行中のiTunesがある場合、iTunesを閉じる必要があります。まずiPadに属するUSBケーブルを使って、iPadをパソコンに接続する必要があります。複数のiOSデバイス同士で転送したい場合、複数のデバイスをパソコンに繋いでください。後、Fonetransを起動します。

パソコンから動画、音声と写真をiPadに転送する方法

ステップ1:Fonetransを起動して、iPadをクリックして選択します。

ステップ2:メディアをクリックして、全て、音楽、ムービー、TVショーなど各種類のデータをクリックします。ここでは音楽を例として説明します。

ステップ3:「追加」ボタンをクリックして、パソコンにある音声ファイルを追加できます。或いは「追加」ボタンの右側にある小さいな三角ボタンをクリックして、「フォルダを追加」をクリックして、音楽フォルダを追加します。iPadが対応できない音声形式はMP3形式に変換されます。
パソコンからiPadにデータを転送

他のデータ種類も同じように操作すればいいです。これで、簡単にiPadにデータを取り込めます。この方法でデータをiPadに転送したら、iPadで元のデータに影響を与えません。うっかりしてiTunesの同期で起こったデータ抹消を回避できます。

iPadから動画、音声と写真をパソコンに転送する方法

ステップ1:Fonetransを起動して、iPadをクリックして選択します。

ステップ2:メディアをクリックして、全て、音楽、ムービー、TVショーなど各種類のデータをクリックします。ここも音楽を例として説明します。

ステップ3:パソコンに転送したい音楽データファイルを選択します。情報バーでのチェックボックスを選択すると、全ての音楽データファイルを選択できます。

ステップ4:「エクスポート」をクリックすると、保存先を選択するウィンドウが表示されます。保存先を確認したら、音楽データファイルは取り出されて、パソコンに保存できます。
iPadでの音楽をパソコンに転送と取り出す

iTunesライブラリにエクスポートする時、ステップ1からステップ3までは同じです。後、「エクスポート」ボタンの右側にある小さいな三角ボタンをクリックして、「iTunesライブラリへエクスポート」をクリックすれば、iPadでのデータをiTunesライブラリに転送できます。

これで、iPad、iPhoneとiPodのデータファイルを簡単に取り出すことができます。これはiTunesさえもできない機能です。パソコンのクラッシュ、ハードディスクの損害によってデータの紛失の時、iOSデバイスでのデータを簡単に取り戻せます。iTunesの片側のデータ転送機能よりはるかに便利です。

複数のiOSデバイスでのデータを相互転送

複数のiPad、iPhoneとiPodなどのデバイスをパソコンに繋いだ場合、データの相互転送ができます。転送する手順はiPadからiTunesライブラリへの転送と同じです。ただし、小さいな三角ボタンをクリックすると、他のデバイスも表示されます。他のデバイスをクリックすると、データファイルは指定のデバイスに転送されます。
iOSデバイスでデータの相互転送

これで、iOSデバイス同士でのデータの相互転送も簡単に実現できます。

iPad、iPhoneとiPodからデータを取り出したい場合、iOSデバイス同士でデータを転送したい場合またはiTunesを使いたくない場合、ぜひFoneTransを試してください。FoneTrans iPad転送ソフトは今20% OFFで入手できます。

永久ライセンス|価格:4580円|割引:20%|値引き価格:3664円

ちなみに、FoneTransはiTunesライブラリにあるApple Musicの曲と購入したM4Vムービーとテレビ番組などDRM保護がかかっているメディアファイルの転送に対応していません。Apple Musicの曲をMP3に変換してiPad、iPhoneとiPodに転送したい場合、Apple Music Converterを利用してください。iTunes M4Vムービーとテレビ番組をMP4に変換して転送したい場合、M4V Converter Plusを利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です