超簡単!Apple Musicの曲を高音質でCDに焼く方法

Apple MusicをCDに焼くAppleは2009年3月からM4A形式の曲の販売を開始した前に、iTunesストアで販売された音楽は保護されたM4P形式の曲です。そのM4PファイルをCDに焼くことができます。2015年7月から登場したApple Musicというストリーミング音楽配信サービスを入会して、iTunesライブラリにダウンロードした曲もM4P形式です。多くのApple Musicの購読者はApple Music M4PファイルもCDに焼いて、車のカーステレオで聴くと思いましたが、結局失敗してしまいました。

iTunesでプレイリストにある曲は全部Apple Musicの曲の場合、いつものように右クリックして表示された「プレイリストからディスクを作成」も出ません。プレイリストに焼き可能のMP3、M4A、WAVなどのファイルとApple Musicの曲がある場合、「一部のファイルをオーディオCDに書き込めません。このプレイリストの残りのファイルを書き込みますか?」というメッセージが表示されます。詳しい情報を見ると、「トラックは、Apple Musicの曲であるためディスクに書き込みません」が表示されます。つまり、オーディオCDに書き込めないのはまさにApple Musicの曲です。
Apple Music書き込みエラー

どうすればiTunesライブラリにダウンロードしたApple Musicの曲をCDに焼けますか。答えはApple Music ConverterというApple Music DRM解除と変換ソフトを利用して、CDに焼き可能のMP3或いはM4Aに変換することです。

Apple Music ConverterはロスレスでiTunesライブラリにダウンロードしたApple Musicの曲をMP3、M4A、FLAC、AIFFなど汎用の音声形式に変換できます。曲名、曲の番号、アートワーク、アーティスト、アルバム、ジャンルなどの音楽情報を保持できます。最大16倍速での一括変換に対応しています。また、曲の情報を利用して、出力ファイルを一括改名・分類することも可能です。Apple Music Converterはオーディオブックの変換、ホームビデオとApple Musicのミュージックビデオの音声抽出も対応しています。

Apple Music Converter は最新のWindows 10とMac OS Xに対応しています。無料体験版は曲ごとに3分まで変換できます。無料体験版をダウンロードして試しましょう。


Apple Music Converterは年間ライセンス、永久ライセンスとホームライセンスを提供しています。年間ライセンスはPC一台で利用可能、一年無料アップデートが可能です。年間ライセンスは自動的に更新されますが、いつでも手動で自動更新をキャンセルすることができます。永久ライセンスはPC一台で利用可能、生涯無料アップデートが可能です。ホームライセンスはPC五台で利用可能、生涯無料アップデートが可能です。

年間ライセンス:2280円 | 永久ライセンス:4580円 | ホームライセンス:8980円

Apple Music Converter(Windows版)を購入

Apple Music Converter(Mac版)を購入


超簡単なApple MusicをCDに焼く方法

ここで、超簡単なApple MusicをCDに焼く方法を紹介します。手順はApple Music Converterを利用して、Apple MusicのM4P曲からDRMを解除して、MP3、M4Aに変換してから、iTunesを利用して、出力のMP3、M4AをCDに焼くことです。

ステップ1:Apple Music Converterを起動

Apple Music Converterを起動すると、iTunesも自動的に起動されます。iTunesライブラリは読み込まれて、プレイリストとしてApple Music Converterの左パネルに表示されます。ダウンロードしたApple Musicの曲は「ミュージック」プレイリストにあります。また、それぞれのApple Musicプレイリストも表示されます。
Apple Music Converterのインターフェース

ステップ2:CDに焼きたい曲を選択

ミュージックプレイリストまたはそれぞれのApple MusicプレイリストからCDに焼きたい曲を選択します。検索ボックスを使って、すぐに曲を探し出すことができます。

ステップ3:MP3/M4Aに変換

Apple Music ConverterはMP3、M4A、FLAC、AIFF、AC3などの出力形式を用意しました。高音質でCDに焼くために、プロファイルリストで320kbps MP3或いは256kbps M4Aを選択してください。
Apple Music変換の出力形式を選択

ステップ4:Apple Music変換を開始

変換ボタンをクリックすると、選択したApple Musicの曲は指定の出力形式に変換されます。変換完了後、出力先を開きます。
Apple Music変換中

ステップ5:出力MP3、M4AをiTunesに追加

iTunesを起動して、メニューの「ファイル」>「ファイルをiTunesライブラリに追加」をクリックして、Apple Musicから変換したMP3またはM4Aファイルを追加します。

ステップ6:プレイリストを作成

新規プレイリストを作成して、追加したMP3またはM4Aをそのプレイリストに追加します。ちなみに、元のApple Musicの曲と追加したMP3・M4Aファイルは見た目が同じですから、Apple Musicの曲を追加しないでください。また、できるだけ追加した曲の合計時間は一つのCD-Rに格納可能の80分に抑えてください。

ステップ7:CD-Rをドライブに入れる

ブランクのCD-Rをドライブに入れます。CDドライブ、DVDドライブ或いはブルーレイドライブでも構いませんが、書き込む機能を持つドライブが必要です。

ステップ8:プレイリストをCDに焼く

プレイリストを右クリックして、「プレイリストからディスクを作成」をクリックして、「ディスク作成設定」が表示されます。ディスクフォーマットを「オーディオCD」に指定して、「CD-Textを含める」をチェックして、「ディスクを作成」をクリックすると、Apple Musicから変換したMP3またはM4AはオーディオCDに焼きます。
iTunes書き込み設定


これで、Apple Musicの曲をCDに焼く目的を実現しました。超簡単でしょう。ちなみに、書き込みソフトはiTunesだけではなく、Windows Media Player、RealPlayerなどの音声再生ソフトまたはBurnAware Freeなどの専門の無料書き込みソフトもOKです。他の書き込みソフトを利用して、Apple Musicの曲をCDに焼くにも、先にApple Music Converterを利用して、Apple Musicの曲をMP3またはM4Aに変換する必要があります。

カーステレオはMP3 CDに対応出来る場合、MP3 CDのほうをお勧めします。320kbps MP3をCDに焼く場合、700MBのCD-Rはおよそ80個の音楽ファイルを格納できます。

Apple MusicをオーディオCD或いはMP3 CDに焼きたい方は、ぜひApple Music Converterを見逃しないでください。

年間ライセンス:2280円 | 永久ライセンス:4580円 | ホームライセンス:8980円

Apple Music Converter(Windows版)を購入

Apple Music Converter(Mac版)を購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です