Apple Musicの曲を全てのiPodに転送する方法

定額制のストリーム音楽サービスであるApple Musicは、日本に上陸してから、既に多いユーザーを取得して、大人気があります。たった980円の月額で、4000万以上の音楽が聴き放題で、音楽ファンにとって本当にめでたいことです。しかし、Apple自社の音楽再生を中心とした小型の携帯音楽プレーヤーであるiPod Nano、iPod ShuffleとiPod ClassicなどのiPodモデルはApple Musicに対応していません。なお、iOSシステムを搭載しているiPod Touchも第五、六世代だけApple Musicに対応していますが、iPod Touch 4と古い世代のiPod TouchもApple Musicに対応していません。
Apple Musicを全てのiPodに転送

携帯デバイスでApple Musicを楽しむには、iOS 8.4またはAndroid 4.4が必要です。iPod Touch 4に適用できるiOSの最終版はiOS 6.1.6であり、iPod Nano、iPod ShuffleとiPod ClassicはiOSシステムを搭載していないため、Apple MusicをiPodに転送できないこととなります。

ですが、iTunesを通じて、ライブラリにダウンロードしたApple Musicの曲をiPod Nano、iPod Shuffle、iPod ClassicとiPod Touch 4に転送すると、「Apple Musicの曲をiPodにコピーできない」というエラーダイアログが表示されて、転送失敗になってしまいます。
Apple MusicをiPodにコピーできない

しかし、朝ランニング、ジョギングなど色々な状況でiPodを活用できる場合があります。多くのiPodユーザーはApple MusicをiPodに転送する方法を探しています。ここでは、TuneMobie Apple Music Converterという完璧なソフトウェア・ソリューションを紹介します。

Apple Music ConverterはApple Music、iTunesストアで購入したM4A音楽、M4Bオーディオブック、Audible AA/AAXオーディオブック、ローカルディスクから追加したMP3、M4A、WAVなどのファイルをMP3、M4A、AIFF、FLAC、AU、M4R、AC3とMKAなど八つの出力形式に変換できます。出力のMP3とM4Aに、曲名、アーティスト、アルバム、トラック番号、アートワークなど曲の情報を保持できます。なお、16倍速の超高速変換に対応しているため、短い時間のうちに多くのApple Musicの音楽を変換できます。Apple Music ConverterはWindows版とMac版があり、最新のWindows 10とmacOS High Sierraに対応しています。無料体験版の使用制限は曲ごとに三分しか変換できないことです。

八つの出力形式の中で、全てのiPodモデルに転送可能のはMP3とM4Aです。ですが、Apple MusicをMP3とM4Aに変換したら、iPod Nano、iPod Shuffle、iPod ClassicとiPod TouchなどあらゆるiPodでお気に入りのApple Musicを楽しめます。このApple Music ConverterはiTunesライブラリに追加したApple Musicに対応しているため、たとえパソコンにダウンロードしていないApple Musicの曲でも、インターネット接続さえあれば、変換可能です。本当に便利です。

ここでは、Apple MusicをMP3或はM4Aに変換して、iPodに転送する方法を紹介します。

ステップ1:Apple Music Converterを起動

Apple Music Converterを起動すると、iTunesも自動的に起動されます。iTunesライブラリは読み込まれて、プログラムのインターフェースにある左パネルでプレイリストとして表示されます。
TuneMobie Apple Music Converter

ステップ2:iPodに転送したい曲を選択

iTunesライブラリに追加したApple Musicは、「Music」プレイリストと別々のApple Musicプレイリストにあります。プレイリストをクリックして、曲をチェックすると、変換リストに追加することが可能です。また、iTunesライブラリからお気に入りの曲を素早くて探し出すには、内蔵の検索ボックスが利用可能です。

ステップ3:iPodに転送可能のMP3或はM4Aを選択

下部パネルで、出力形式リストからiPodに転送可能のMP3或はM4Aを選択できます。プロファイルリストから音質を選択できます。曲の音質を重視する方は、ロスレスでApple Musicの音質を保存できる320kbps MP3或は256kbps M4Aをお勧めします。2GB、4GBなどの容量のiPodにできるだけ多い曲を入れたい方は、128kbps MP3或は128kbps M4Aをお勧めします。
Apple MusicをMP3に変換

また、オプションをクリックして、変換スピードの調節、出力ファイルの名前のルール設定などができます。

ステップ4:変換を開始

設定完了後、変換ボタンをクリックして、選択したApple MusicはMP3或はM4Aに変換されます。変換完了の曲には「出力先を開く」ボタンがあります。クリックして、出力先を開けます。
Apple MusicをMP3に変換

ステップ5:出力の曲をiPodに転送

Apple Musicから変換したMP3とM4AのファイルをiPodに転送するに、iTunesとFoneTransというiPod転送ソフトなど二つの方法があります。いずれの方法でも、変換完了後、Apple Music ConverterとiTunesを閉じる必要があります。

方法1:iTunesを通じて、出力のMP3或はM4AをiPodに転送
Apple Musicから変換したMP3またはM4Aは曲の情報を保持できるため、iTunesに追加したら、既存のApple Musicの曲にそっくりです。ですが、既に変換されたApple Musicは先にiTunesライブラリから削除したほうがいいです。

出力のMP3またはM4AをiTunesに追加して、プレイリストを作成してから、USBケーブルを使って、iPodをパソコンに接続して、iPodに転送すればいいです。

方法2:iTunesを通じて、出力のMP3或はM4AをiPodに転送
Fonetransとは、PCとiPod、iPhone、iPadの間、音楽、写真と動画を自由に転送できるデータ移行ソフトです。PCからデバイスへ、デバイスからPCへ、複数のデバイスの間で転送可能です。Fonetransを利用すると、変換したApple MusicをiTunesライブラリから削除する必要がありません。Fonetransは今20% OFFで(3664円、原価4580円)入手できます。詳しい情報へ…

iPodをパソコンに接続してから、Fonetransを起動して、メデイア > 音楽をクリックして、追加ボタンをクリックして、Apple Musicから変換したMP3或はM4Aファイル、或は出力フォルダをiPodに転送できます。簡単で便利です。
Fonetrans: パソコンから音楽をiPhone、iPadに転送

これで、お気に入りのApple Musicの曲をMP3/M4Aに変換して、存分にあらゆるiPodモデルに転送して楽しめます。これこそ聴き放題です。

Apple Music Converterの年間ライセンスは2280円で、PC一台で利用可能、一年無料アップデートが可能です。年間ライセンスは自動的に更新されますが、いつでも手動で自動更新をキャンセルすることができます。

Apple Music Converterの永久ライセンスは4580円です。PC一台で利用可能、生涯無料アップデートが可能です。

Apple Music Converterのホームライセンスは8980円です。PC五台で利用可能、生涯無料アップデートが可能です。

Apple Musicの音楽をiPodで聞きたい方はぜひお見逃ししないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です